大掃除の時期!古いバッテリーが出てきたけどどうしたらいい??

皆さんこんにちは!もう今年もあと僅かですね…
毎年恒例、大掃除の時期がやってまいりました。
不要なものを処分すると思いますが、古いバッテリーの処分はどのようにしていますか?
今回はバッテリーの処分方法について考えてみました!

電池類の処分は回収BOXもしくは自治体の回収を利用しましょう
充電池内蔵の機器は増え続けています。以前なら携帯電話などのメインの機器に限られていましたが、
DIYで使われる電動工具などにもバッテリーが使われています。
バッテリーの種類としてはリチウムイオンが最もポピュラーな主流ですが、
異常発熱したり発火したりする事故があり、慎重な取り扱いが必要なものです。
そのため、可燃ごみとして捨てることは言うまでもなく、
不燃ごみであっても、回収時にごみ回収車によって圧縮されることが多く危険な状態になるため、
絶対にごみ回収へ混ぜてはいけません!

ではどこで処分したらいいのかというと…

1、家電量販店の回収ボックスへ入れる
2、製造メーカーに問い合わせて回収
3、JBRCの加盟企業に回収を依頼

上記3点ほどが挙げられると思います。
1は量販店の入口付近でよく見られる回収ボックスです。最もお手軽に処分できる場所になります。
2は問い合わせが必須となりますが、作ったメーカーが回収すれば、分解も処分もいちばんその製品を
分かっているところが処理してくれるため最も合理的で安全な方法です。
3は条件付きとなりますが、お持ちの電池の種類によっては回収出来なかったり、状態が悪いと引き取れない場合があるようです。
幅広いメーカーが加盟する一般社団法人JBRCという組織があり、
家電店など協力店店頭などに回収箱を設置されているか、店員に言えば回収してくれるようになっています。

お住まいの近くに回収協力店があるかどうかも調べることができますので、
処分に困ったら一度検索をオススメします!
一般社団法人JBRC 『協力店・協力自治体』検索
https://www.jbrc.com/general/recycle_kensaku/

リチウムイオン充電池など、使い方や処分には危険を伴うものが多くある現在、
将来の処分方法については意識しておくべきと言えます。
安全に使いつつ「正しい捨て方」で廃棄することで地球環境への負荷も減らせるようになれば良いですね!

↓↓↓↓YouTubeに動画投稿はじめました!是非御覧ください!↓↓↓↓↓↓

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。☆.。:*・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*

【エコソルでは様々なバッテリーのリフレッシュサービスを行っております】
・元気のないバッテリーを復活させたい
・バッテリーの廃棄を考えていたがリフレッシュできるなら利用したい
・廃番商品なので新品バッテリーが売っておらず困っている
・バッテリーのコストダウンを図りたい
そんなご希望、お困りごとにお応えします!

バッテリー再生.jpサイト入り口

▶バッテリー種類別検索
電動工具用
ハンディターミナル用
測量機器用
無線機用
ビジネスフォン・電話機・衛星電話・PHS用
非常灯・誘導灯用
掃除機用
カメラ・ビデオカメラ用
モバイルプリンタ・ラベルプリンタ用
ライト・照明・投光器用

大口のご注文・リフレッシュ可否のご相談窓口

組電池(オーダーメイド)のご要望

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA